甚平を着て青春時代を駆け抜ける男がふと思い立ったかのようにこちらを向いた瞬間。