大晦日の夜、すき焼きを食べて過ごす。
除夜の鐘はそんなすき焼きの中の「霜降り牛」のために鳴るという言い伝えがある。